株式会社公営社
 
散骨(海洋葬)
散骨(海洋葬)
埋葬・散骨と法律

 墓地・埋葬等に関する法律・・明治時代に制定された「墓地及埋葬取締則」を改正して昭和23年交付されました。
 第1条「目的」この法律は墓地、納骨堂又は火葬場の管理及び埋葬が、国民の宗教的感情に適合し、且つ公衆衛生その他公共の福祉の見地から、支障なく行われることを目的とする
刑法(遺骨損壊罪)刑法 190条:死体、遺骨、遺髪又は棺内に蔵置し足る物を損壊、遺棄又は領得したる者は3年以下の懲役に処す
※刑法190条の法益は「社会的風俗としての宗教感情」とされ、節度を持って葬送の目的をもって行われれば(散骨は)違法ではないという解釈が有力とされています。