株式会社公営社
 
法事と墓地
法事と墓地
ホテルでの法事

祭壇
イメージ
■ ○○○○○様 1周忌法要の例
平成○○年○○月○○日 午後1時より午後3時
会場:○○○○ホテル
時 刻 項 目 担 当 背 景
10:00     生花搬入
11:00     受付・案内・誘導の打ち合わせ
11:30     祭壇設置終了
11:45     照明・音響の調整
12:15     料理の準備
12:30 受付開始    
      来客対応と誘導
12:40 お迎え(立礼) 喪主・親族 効果音−エレクトーン(入場)
  参会者入場   献花をして着席
13:00 開式 司会者  
13:02 宗教者「読経」・「法話」 僧侶  
13:20 喪主挨拶 喪主  
13:25 (来賓挨拶) 来賓  
13:30 献杯 献杯指名者  
13:35 会食と懇談   効果音−エレクトーン
14:40 親族謝辞 親族  
14:45 閉式 司会者  
14:55 お見送り(立礼) 喪主・親族 効果音−エレクトーン(退場)
15:55     生花祭壇撤収
祭壇(少人数向き)
イメージ
〜法事の挨拶例〜
■ 施主の挨拶
「本日は、お忙しい中(話手からの続柄と名前)○○○○○の一周忌にお越し戴き、誠にありがとうございます。
(話者からの続柄と名前)○○○○○が亡くなり、早くも○年たちました。
お陰様で皆様のお力添えにより、私ども家族も元気をとりもどしてまいりました。 
これも、ひとえに皆様方のおかげと深く感謝しております。
本日は生前親しくしていただきました皆様に久しぶりにお目にかかれて、(話者からの続柄と名前)○○ もさぞかし喜んでいることと思います。」
「ささやかでございますが、心ばかりの料理を用意させていただきました。
どうぞお時間の許す限り、ごゆっくりとご歓談戴ければと存じます。ご臨席まことにありがとうございました。」

■ 献杯
「ここで献杯の御発声を○○○○様にお願い申し上げました。」
「○○○○様お願いいたします。」
(○○○○様のご発声より会食開始)
■ 閉会
(終了間近に頃合いをみて 立ち上がり挨拶をする)
「お話は尽きませんが、おかげさまで皆様と楽しい語らいの一時を過ごせました。
どうぞ皆様、今後とも相変わらぬご交誼を賜りますようお願い申し上げます。
本日はお越しいただきまして、本当にありがとうございました。また皆様とお会いできる日をお待ち申し上げています。ありがとうございました。」
■ お見送り
(式場出口に移動し、喪主・親族代表は来場者へ挨拶と共に返礼品をお渡しする)
(人手があれば返礼品をお渡しするのは別の方でも良いでしょう)
 ご希望の方に 小冊子を差し上げます!
「ご法事豆辞典」
法事の司会進行例から施主の挨拶例まで
  公営社 お客様相談室まで
TEL:0120-556-847

平成
●上の年月日欄の数字を半角数字で書き換えて下さい。
亡くなった日も数えて  
   7日目 初七日 平成16年9月19日
  14日目 二七日 平成16年9月26日
  21日目 三七日 平成16年10月3日
  28日目 四七日 平成16年10月10日
  35日目 五七日 平成16年10月17日
  42日目 六七日 平成16年10月24日
  49日目 七七日 平成16年10月31日
  100日目 百日 平成16年12月21日
  満1年目 一周忌 平成17年9月13日
  満2年目 三回忌 平成18年9月13日
  満6年目 七回忌 平成22年9月13日
  満12年目 十三回忌 平成28年9月13日
  満32年目 三十三回忌 平成48年9月13日
三十三回忌もしくは五十回忌で法事は弔い上げとすることが多い
ページの先頭に戻る